睡眠障害(不眠症)

睡眠障害(不眠症)の原因

睡眠は、心身の疲労回復をもたらすとともに記憶を定着させる・免疫機能を強化するといった役割ももっています。質の良い睡眠を保つことは、活力ある生活につながります。睡眠が障害されると、眠気やだるさ・集中力低下など日中にも症状が出現します。不眠が長期化している場合には、放置せず適切な治療が必要です。不眠症の原因は様々であり症状経過によって治療法は異なります。うつ状態に合併することもあります。適切な治療を受けるためにも、自分の睡眠状態や睡眠の問題を把握しておくことは重要です。当院では、不眠を長引かせている原因を考え、睡眠衛生指導・生活指導を行いながら症状に応じた必要最小限の薬物療法(依存性の少ない睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬・漢方薬等)を行います。

 

睡眠障害(不眠症)の主な症状

寝ようと思っても寝るのに時間がかかってしまう(入眠霜害)・朝早く目が覚めてしまう(早朝覚醒)・寝ている途中で何度も目が覚める(中途覚醒)・しっかり寝ているつもりでも疲れがとれない(熟眠障害)など。