適応障害(ストレス関連疾患)

適応障害(ストレス関連疾患)

適応障害(ストレス関連疾患)主な症状

気分が落ち込み・憂うつ気分や不安感・焦燥感が強くなる。涙もろくなったり、神経が過敏になる。身体症状として、吐き気・動悸・呼吸苦・下痢・頭痛・めまい・脱力感・倦怠感・のどの締め付け感・咳などを認めます。

 

 

適応障害(ストレス関連疾患)の原因

適応障害は、ある特定の状況や出来事がその人にとってとてもつらく耐えがたく感じられます。そしてうまく適応することができず心身に症状が現れ生活に支障をきたす病気です。就職・転勤・異動・昇進・人間関係の変化といった環境変化に適応できず、その結果、精神症状や身体症状が現れます。ストレスとなる状況や出来事がはっきりしているので、その原因から離れられると症状は次第に軽減します。ストレス因から離れられない・取り除けないという状況では、症状が慢性化することもあります。

 

 

適応障害(ストレス関連疾患)の治療について

薬物療法以外に、環境調整を行いながらストレスフルな状況に適応する考え方を身につけられるように支援します。